読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホライゾンゼロドーンの評価 感想 プレイ日記⑦  改めて、戦闘が楽しい!

 皆さん、こんにちは。本当に久々の更新ですが見てくださってる方はいるでしょうか…。1日1〜2時間程のプレイのつもりでしたが、楽しくてやめられません!そのため正直ブログはサボってしまいました…。
 そのかわりと言っては何ですがストーリー等々、結構充実してきたのでまた書いていきたいと思います。
 
 そして、今回はクエストではなく、戦闘について書こうと思います。


 以下、ネタバレあります。

 何回も言いますが戦闘が楽しい!洋ゲーは少し戦闘がアッサリしすぎていて、和ゲーは戦闘が派手すぎると感じる私としてはとても丁度良いです。

 例えば、フォールアウト4の戦闘やアクションは少しアッサリしすぎていて、体験版のみのプレイですがニーアオートマータは派手すぎるというような個人的な感想です。

 今までだとウィッチャー3が私にとって1番バランスが良いと感じていましたが、正直ホライゾンゼロドーンをプレイしてからは、これが1番です。

 ウィッチャー3とは主要な武器が違うので、戦闘スタイルが違います。比べることは馬鹿らしいかもしれませんが、戦闘の幅という意味では、比べるまでもなくホライゾンゼロドーンに軍配が上がるでしょう。

 ウィッチャー3は剣を軸に魔法や弓矢。またオイル、霊薬と呼ばれるいわゆるドーピング薬を用いて敵を倒していきます
 もちろん、戦闘の幅はありますが、正直限られた魔法と剣だけで戦えます。私の戦い方が悪いと言われればその通りなんですが、弓矢は水中だけで、また霊薬やオイルを使った記憶はほとんどなく、最後までそれでいけます。



 ホライゾンゼロドーンでは弓矢が軸となり、槍や種類豊富な罠を用いて敵を倒していきます。
 槍で果敢に突っ込んでも良いし、弓矢だけでステルスゲームしても良いし、罠を張っておびき出しても良いし、戦闘の幅は広いです。
 しかし、今書いたスタイルのどれか1つだけでは、戦闘は厳しいものになり、結局は色々なスタイルを組み合わせて戦うのが1番効率が良いです。
 この色々な戦術を試さざるをえない敵の強さや多様さのバランスが丁度良いので、その戦術を考えるのが楽しいと思えるようになり自然と戦闘の幅が広がることになります。

 今ハマっているのは、ロープキャスターからのラトラー乱れ撃ちです。まだまだ色々な組み合わせを試したいと思います。


 以上、ホライゾンゼロドーンについてでした。