ホライゾンゼロドーンの評価・感想 プレイ日記⑥ オーバーライド出来る敵の種類が増えました。

 皆さん、こんにちは。久々の更新となりましたが、ホライゾンゼロドーンはしっかりとプレイしていました。ブログを書かなかっただけです(笑

 

 きっと楽しみにしてくれている人がいると思って、また書こうと思います。

 

 以下、ネタバレあります。

 

 

 

 今回、メインクエストの「ノラ族の敵討ち」が終わりました。敵の「カルト教団」の潜伏場所を襲撃しました。

 アーロイがまず潜入して、壁を破壊し、そこから義勇団が襲撃という予定です。

 

 敵に見つからずに侵入して、敵地に備蓄してある掘削用の爆弾を弓矢で爆発させるのですが、3回ぐらい失敗しました…。

 

 敵に見つからずに、弓矢を射るポイントまで行かなくてはならないのですが、どうも見つかってしまいます。見つかっても、敵を倒せれば良いのですが、そもそも数が多いので難しいです。

 

 そういえばステルス系のゲームは昔から苦手だったのを思い出しました。メタルギアシリーズで潜入っぽいことを出来た覚えがありません。いつも銃撃戦をしていたと思います…。

 なんとか、ほぼ偶然、ポイントについて弓矢を射ると、ムービーっぽいのが流れて、味方が大勢突撃してくる熱い展開です。ほんとここら辺は映画さながらです。ていうかホライゾンゼロドーンの映画があったら間違いなく見に行きます。

 

 味方の義勇団と共に、カルト教団と機械獣を倒して、無事クエスト完了です。

 でも、カルト教団は絶対もっといますね。そもそも、アーロイとロストを襲った、リーダーの姿が見えないし。恐らく、カルト教団とそのリーダーは物語に大きく関わってくることでしょう。

 

 他のクエストとしては初めて機械炉のクエスト「機械炉SIGMA」をしました。

 機械の遺跡のダンジョンといった感じなんですけど、背景の作り込みが凄いです!なた、この機械の遺跡は今もバリバリ稼働中なようで、機械獣はここで作られているようです。謎が深まります…。

 そして、結構長い…。途中で諦めそうになりましたが、最後に「炎のベロウバック」という大型モンスターも倒して、無事クリアとなりました。このダンジョンの中枢をオーバーライドしたことで、オーバーライドできる敵の種類も増えました。

 

 早速、「ソートゥース」をオーバーライドしました。残念ながら乗ることは出来ません…。しかし、近くの敵を勝手に倒してくれます。最強のお供の誕生です。これで一緒に行動出来ればそれもロマンがありますが、出来るかどうかまだわかりません。

 とりあえずオーバーライドの種類が増えたので、敵を同士討ちさせる戦闘の幅も広がりました。

 

 今回初めて長い遺跡のダンジョンに入りましたが、今まで見ていた背景とまるで違ってとても新鮮でした。

 外の景色は大自然に溢れた景色をベースに、機械や荒廃した建物が散在するような背景でしたが、遺跡のなかは、ゴリゴリのSFチックで外と中でのギャップが凄いです。

 同じ世界観の中でこれほど違う景色が同居できるのもこのゲームの強みだと思いました。

 

 

 今回はここまでです。以上、ホライゾンゼロドーンについてでした。