読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホライゾンゼロドーンの評価・感想 プレイ日記③ 遂にオーバーライドしました。ストライダーを乗り回します!

 皆さん、こんにちは。はい、恒例となりつつあるホライゾンゼロドーンのプレイ日記です。

 今日は、2時間半もプレイしたのでかなり進みました。

 そして、ついにオーバーライド出来るようになりました!

 以下、ネタバレあります。

 

 前回まではメインクエストを進めていましたが、今回はまずサイドクエスト、サブクエストを攻略していきました。

 

 

 まずは、お父さんから、娘の捜索を依頼されました。いなくなった娘を見つけて、その子の槍を見つけて1個目クリアしました。

 

 そのあとは、老婆にお肉を届けました。この老婆はまったくお礼も言わず少しイラっとしましたが、主人公が異端児で誰も口を聞いてくれないので慣れたものです。2個目クリア。

 

 最後は、弟を探して欲しいという姉からの依頼でした。弟が部族を追放されて10年ぶりに帰ってくるはずなのに帰ってこないということでした。

 結局弟は精神的に病んでて、誰かを殺してしまうかもしれない、それは姉かもしれないから帰って来たくないようです。会話の選択によって結果が変わるようになっているのか弟は姉に別れを告げて消えてしまいました。出来れば一緒に過ごして欲しかったけど、その結末が用意されていたのか気になります。とりあえず3個目クリアしました。

 

 読んでもらってわかるように、サイドクエスト、サブクエストと言えども、しっかり練られたストーリーがあります。プレイしてても楽しいです。こういうところは良い意味で「ウィッチャー3」に似ています。

 また、謎解きの方法も、痕跡を探ったり、足跡を追ったりとウィッチャーを彷彿とさせます。個人的に好きなシステムなので楽しいです。

 

 そして、いよいよメインクエストの攻略です。

 主人公アーロイは自分の出自を知るために、試練を受けます。その試練で勝者となれば、どんな願いも長老が聞いてくれるので、長老に出自を聞く魂胆です。

 しかし、試練に受かるということは、育ての親のロストとの別れを意味していました。部族の異端者として生きてきた2人ですが、試練に受かると部族に受け入れられることになるので、部族に受け入れられるアーロイとは別れなければなりません。感動の別れでした…。

 いよいよ、試練が始まりましたが、アーロイは無事勝者となりました。しかし、その直後見知らぬ敵から襲撃を受けます。そして、絶対絶命のなか助けてくれたのは、ロストでした。ロストは自分の命と引き換えにアーロイを助けて、アーロイは命からがら生き延びることが出来ました。

 アーロイはロストの仇とこの世の謎を解き明かしに新たな旅に出ます…。ここまでが今回の大体のあらすじです。

 

 このあと、強大な敵「コラプターに襲われることになりますが、「コラプターを倒したことで念願のオーバーライドが出来るようになりました。

 まだ、馬型のストライダーしか乗っていませんが……楽しい!意味なく走り回っています。

 また、このオーバーライドするときのアクションがかっこいいです。これはこのゲーム全般に言えることですが、1つ1つのアクションがかっこいいです。だからこそ、単調になりがちな戦闘もオーバーライドも見てて楽しいやってて楽しいんだと思います。

 

 マップの制限もなくなり、いよいよオープンワールドの醍醐味も味わえると思うので、これからのプレイが楽しみです。

 

 以上、ホライゾンゼロドーンについてでした。