読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

侘び草の育て方 観察日記② 自分なりに育て方を模索中です。

 皆さん、こんにちは。今回は侘び草について書きたいと思います。

 前回から一週間以上経ちましたが、実は水上葉はやめて、水中葉で育てています。

 一応考えがあってのことです。水中葉の方が成長が早いので、まずはこの「馬の糞」のような私の侘び草に水草をびっしり這わせるのが大事だと思い、それから水上葉にチャレンジしようと思います。

 

 びっしり這わせるためにも、光量に今までより気をつけています。といっても専用の器具で時間を決めて光を当てているわけではありません。窓際に置いてなるべく日光が当たるように気を付けている程度のことです。

 

 実は今まで侘び草の光合成をそこまで気にしたことはありませんでした。ホントにたまに日光に当てる程度で育てていました。だからこそ、このような「馬の糞」になってしまったのだと思います。侘び草ごめん…。

 実際意識して日光に当てると、今までになかったような成長を感じます。日を追うごとに水草が成長しているので、育てていても楽しいです。

 

 

 もう1つ、気を付けていることというか実践してみたことは、長くなった水草を侘び草本体に紐で巻き付けてみたことです。

 水草が成長しても、ひょろっと長くなるだけで侘び草本体に這うような生え方をしてくれません。なので、成長した茎部分を侘び草本体に近づけて、そこから根を出してもらって、定着してもらおうとの魂胆です。

 

 正直これに関しては何かを調べた訳ではなく、今までの浅い経験からの完全オリジナルなのでうまくいくかどうかわかりません。

 なんとか自己流で侘び草をモサモサに出来たらと思います。

 

 以上、侘び草についてでした。