ホライゾンゼロドーンの評価・感想 人生史上最高のゲームと言えます。プレイ日記①

 皆さん、こんにちは。遂に発売されました、PS4で話題の超大作ゲーム。

 その名は…「ホライゾンゼロドーン」

 「現在から千年後の地球。機械の獣が大地を闊歩し、人類の支配は終焉を迎えていた。若き狩人アーロイが自らの定めを求めて旅立つまでは…。」

 というのが、パッケージに書いてある簡単なあらすじです。

 この文をタイプしているだけでワクワクしてきました。楽しそうなキーワードしかありません。世の男子の大半がテンションが上がるであろう世界観なのではないでしょうか。

 

 

 そもそも「ウィッチャー3」をやるために、PS3を飛び越え、PS4を買った私ですが、ウィッチャー3のクリア後のことはあまり考えていませんでした。クリア後にはそのままの惰性とともに話題になっている他のゲームもしました。もちろん楽しかったのですが、ウィッチャー3に匹敵するようなゲームに出会えることはありませんでした。

 このままきっと「hulu」や「プライムビデオ」専用マシンになるだろうととも思っていました。

 しかし、諦めかけていたときにこの「ホライゾンゼロドーン」を知りました。きっとこのゲームは「ウィッチャー3」に匹敵するようなゲームになるだろうという予感がありました。

 

 そして、ついに発売となり実際に遊んでみると、その予感は的中しました。「ウィッチャー3」に匹敵、いや超えると言っても良い出来でした。

 

 プレイしてまず感じたのは、グラフィックの良さです。これに関しては他の追随を全く許さないでしょう。また、ストーリーもまだ序盤ながらとても引き付けられる展開です。

 

 しかし、一番の魅力は戦闘にあると思います。戦闘がとにかくおもしろいです!

 面と向かって戦うと敵が強くとても厳しいので、基本は隠れながら敵を倒すという戦い方になります。弓で遠くから倒しても良いし、槍で近づいてから倒しても良いし、でかい敵には罠を張ったりと、ただ単に武器を振り回してるだけでは倒せないので、戦闘にとても緊張感があります。

 

 とりあえず、ストーリーは幼女から大人の女性になったところです。最序盤…。

 

 ストーリーはまだまだ進めて行けてませんが、逆に先に進めたくないぐらい、この世界観にずっと浸っていたい私がいます。 

 

 かなりのおススメです!

 

 以上、ホライゾンゼロドーンについてでした。