ウィッチャー3の評価・感想 PS4を買って十数年ぶりのゲームにハマりました。

 皆さん、こんにちは。皆さん、ゲームはしますか?私はそれほどゲームをする方ではありません。PS2以来ハードも買ったことはなかったんですが、この度PS4を買ってしまいました。

 

 どうしてもやりたいゲームがあって、十数年ぶりのゲームをすることになりました。

 

 そのゲームとは「ウィッチャー3」です。

 

 「ウィッチャー3」とは、ロードオブザリングのような世界で、魔物退治を生業とする主人公ゲラルトの物語を追うアクションRPGです。

 

 「ウィッチャー3」を知ったのはYouTubeでした。初めて見たときからその世界観にハマっていました。もともと中世ヨーロッパの雰囲気を持つファンタジーは、ロードオブザリングをはじめとして、かなり好きなジャンルだったのでどうしても気になり、気づくとPS4を買っていました…。

 実際に遊んでみると、映像も綺麗で、戦闘も深みがあり魔法もありと、褒めるポイントはたくさんあります。初めてのオープンワールドというのにも驚かされています。

 しかし、このゲームの一番凄いところは、「物語の1つ1つの作り込み」です。

 

 「ウィッチャー3」はメインストーリーはもちろんサブクエストもボリュームがあり、その物語の作り込みが凄いです。

 海外ドラマを見ているかのように、どのストーリーもとても引き込まれてしまいます。なかでもサブクエストの「血塗れ男爵」関連の切なさときたら…。ゲームのシーンでこれほど呆然としたのは初めてでした。気になる方は実際に確かめてください。

 

 とりあえず、十数年の時を超えたゲームの進化にとても驚いています。

 

 「ウィッチャー3」に始まったゲームライフのなかで出会ったゲームを、これからブログに出来ればと思います。

 

 以上、ウィッチャー3についてでした。